2021.06.07公開

赤平地区「露頭炭」見学スペースが完成しました!!

赤平市付近の空知川の河岸では、石炭の露頭(鉱脈が地表に現れている所)を見ることができます。幕府から蝦夷地調査の命を受けた松浦武四郎は、安政4年(1857年)に空知川沿いに露頭炭の炭層を発見しました。明治に入ってから、榎本武揚や米国人地質鉱山学者ライマンらが空知の地質調査を行い、その後の空知炭田の開発につながりました。日本地質学会北海道支部により北海道地質百選に選定されています。

露頭炭見学箇所案内図 ダウンロートはこちらから(PDF:680KB)

露頭炭見学箇所マップコード:179 173 500*24

お問い合わせ
札幌開発建設部 空知川河川事務所
(北海道芦別市滝里町683)
TEL
0124-24-4111

ページトップへ