2020.09.03公開

[北海道の川を撮る!]
網走市卯原内のサンゴ草群落

本名は「アッケシソウ」厚岸町で発見されたのが由来で、秋に紅葉して赤く染まりサンゴのように見えるためサンゴ草と呼ばれている。
網走から常呂までオホーツクサイクリングロードが卯原内園地のそばを通ります。サンゴ草が赤くなるのは9月が最盛期。涼しくなりサイクリングに最適な季節になります。

 


能取湖の南に位置する卯原内園地

 


葉のない一年草で茎が赤くなる

 


能取湖に注ぐ卯原内川サンゴ草橋から

 


整備されている遊歩道

 

ページトップへ