2018.07.02公開

水辺のサイクリングマップ

サイクリング人気が高まり、雄大な北海道を自転車で駆け抜けたいというファンが国内外から訪れるようになりました。人気の理由は美しい景観が見られることももちろんですが、交通量が少なかったり、道幅が広くて走りやすいこともポイント。自治体や振興団体によってさまざまなサイクリングルートが設定されていますが、その中でも特にオススメなのが水辺のサイクリングです。

水辺のサイクリングがおすすめな3つの理由
◎緩やかな下り(または上り)が続き、急激なアップダウンがない
◎信号が少なくて快適に走行できる
◎水面に吹く爽やかな風を感じられる

というわけで、北海道の水辺や川の側を走るサイクリングルートをピックアップしてみました!

 


石狩川流域圏ルート(241km)
サイクルート北海道(石狩川流域圏会議)

石狩川本流をベースに、層雲峡から石狩川河口の河川敷で走行可能な箇所を積極的に活用したルート。北海道の空の玄関口である新千歳空港及び旭川空港からのアクセス性に優れています。


川と田園をめぐるコース(76km)ほか
石狩川流域サイクリングマップ石狩南部&空知南部編(石狩川流域圏会議)

千歳川や漁川、馬追運河の川沿いを走るコースなど、レベルに合わせた3コースを紹介。サイクリングの途中で食べた「チャリメシ&スイーツ」もピックアップ。


忠別川・牛朱別川リバーサイドコース(40km)ほか
石狩川流域サイクリングマップ 旭川・美瑛編(石狩川流域圏会議)

旭川駅、美瑛駅を起点とした6つのサイクリングルートを紹介。忠別川や辺別川、美瑛川など、川の周辺に広がる見どころをチェックしてみよう!

 

ページトップへ